『ダイイング・アイ』(東野圭吾 /光文社文庫) :感想

 死の間際、自らを轢いた運転手を恨みながらその目に焼き付けた岸中美菜絵。その夫・玲二は、加害者である雨村慎介を襲った後、自室で自殺を遂げる。頭を殴打されたものの、一命を取り留めた慎介は、自らが犯した交通事故の記憶が失われていることに気付く。


 あの事故はいったいどのようなものだったのか-----モヤモヤ感を払拭するために、慎介は事故について調べ始める。


 そんな慎介の前に現れた謎の女。


 この女は危ないと感じつつも、その目に慎介は引き寄せられるのだった。


 この女は何者なのか、なぜ俺のもとにやってきたのか、そしてどうしてこの目に吸い寄せられるのか---


・・・という感じのストーリーです。



 「目」というのは、人間の体の中でも一番感情が出る部分ですよね。

 故に一番恐ろしい。

 死にゆく者の目に睨まれたりしたら、一生忘れられない恐怖を覚えることでしょう。



 正体不明の謎の女がこれまた怖い。

 何だかよくわからんのが一番怖いですねえ。


 「目は口ほどに物を言い」と言いますが、千の呪詛の言葉より、怨念の籠もった凝視の方が後々まで尾を引く恐ろしさがあるのではないでしょうか。

 ビジュアル的にも印象が強烈ですし……。


 ちょっとホラーな感じもするミステリ、って感じですかね。

 登場人物たちの複雑に絡み合う関係と張り巡らされた伏線を楽しめますが、伏線のままで回収しきっていないところがあります。

 まあ、それもワザとなのですかねえ。


 また、謎の女は最後まで私にとってはナゾなところが多かったです(笑)。発言も行為も。


 ホラーチックな本作ですが、私が一番怖かったのは冒頭の交通事故のシーンでした。リアルすぎて~。


 読んでいたら何だか寒気がしたので、本作は、明るいところで、暖かくして読むことをオススメします(笑)。



ダイイング・アイ (光文社文庫 ひ 6-11)
光文社
2011-01-12
東野 圭吾


Amazonアソシエイト by ダイイング・アイ (光文社文庫 ひ 6-11) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 59

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年01月14日 18:30
これ、おもしろそうですね
でも冬場に読むとゾクゾクしてよけいに寒くなるかな(~_~;)
2011年01月14日 19:11
東野圭吾さんは最近凄いですよね。
WOWOWの制作ドラマでも何作品かありますよ。
この作品は明るいところで暖かくして読むことをお勧めなんですね。成る程・・・。
2011年01月14日 20:59
はい、これ本当に怖かったです
ドキドキしながら、時々後ろ振り返ってみたり・・・
2011年01月14日 23:16
東野圭吾にはまってしまいました。三冊一気に買いましたよ。
前、言ってた「赤い指」犯人はもしかしてと、推理しやすかったんですが、あまりにも現実的で実際どこかで起こる出来事みたく、家にも認知症のおばあちゃんいらっしゃるし何というか読み終わった後、・・・ふぅってため息でました。
今度のもおもしろそうですね。
2011年01月14日 23:31
キーブーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
夜に暗いところで読んだらダメですよ~。震えが止まりませんよ~。
あ、怖いというより寒いだけですかね(笑)。
2011年01月14日 23:34
dragon pearlさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

WOWOWではいろいろやっているようですね。我が家ではWOWOWが入らないので(っていうか入っていないので)、実家で録画してもらおうかなと思っています。
2011年01月14日 23:35
ななさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

後ろを振り返ったときに、あの目があったら・・・・・・
もう寝れませんわ(笑)
2011年01月14日 23:37
keikoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

『赤い指』も積み本の上の方に上がってきました。そろそろ出番です(笑)。
2011年01月15日 00:18
え、そんなに怖いんですか、、、、。ちょっと怖いモノ見たさもありますけど、、、、(^_^;
2011年01月15日 00:23
たかじいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

いえ、そこまでは怖くないですよ、ほんとに(笑)。冒頭の事故のシーンは怖いかもしれませんが。
2011年01月15日 00:27
この頃ちょっと東野圭吾読んでませんが
この本おもしろそうですね。
今度本屋さんに行ったら見てみます。
2011年01月15日 17:13
こちらの本は読んだことがないのですが
なんか読みたくなりました~
でも怖いんですね!もうちょっと暖かく&
明るい季節に読もうかなあ?
2011年01月16日 21:19
ふうちゃんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
本屋さんによって、ポップとか煽り文句が違うのもオモシロいですね~。
怖さを煽るようなのポップもありましたが、そこまで怖くないよって突っ込んでいる学生さんがいました。私も同意見です(笑)。
2011年01月16日 21:20
まっちょさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

ちょっと本文で怖い怖い書きすぎましたかねえ・・・そこまで怖くはないのです(笑)。でも、交通事故のシーンは怖いですよ。リアルで。

この記事へのトラックバック