『白夜行』(東野圭吾) : 感想

19年前------質屋の店主・桐原洋介が廃ビルの中で刺殺された。そして、容疑者・西本文代も不慮の死を遂げる。


被害者の息子、亮司。

容疑者の娘、雪穂。


それぞれの道を成長する2人。

しかし、中学で、高校で、大学で、そしてその後も・・・・・・亮司の周りでは凄惨な事件が、また、雪穂の周りでは陰湿な事件が起こる。


2人には何が起こっているのか、そして、19年前の真実とは・・・・・・


・・・という感じの物語です。


とにかく圧倒されました。

読了後、ホッとするまもなく再び1ページ目を繰っていました。

読み返さずにはいられなかったのです。


「解説」で馳星周氏も同じようなことを書いていらっしゃいましたし、同じように感じられた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。



亮司と雪穂の内面は彼らの視点からは全く描写されませんし、彼らの真の思いを彼ら自身の口から語られることはありません。

2人のことは、亮司の「親友」・友彦、雪穂の「親友」・江利子をはじめ、その時代時代において2人を取り巻く人々の視点で描かれています。

よって、その心理は、読者の方で想像するしかありません。

想像するしかないので、いろいろ想像してしまうのです。

2人はどのような思いで生きてきたのか-----それを思うと、息苦しくなるような切迫感を覚えました。


亮司の思い。雪穂の思い。
積み上がった19年。
その19年がどうなってしまうのか・・・・・・ラストに近づくにつれ、ページをめくるのが怖いような気持ちになりました。


そしてラストシーン。

2人にどのような思いが巡っていたのかについては、私も思いを巡らさずにはいられませんでした。


そして、改めて最初から読み返すと、2人の思いをなぞることができて、2度目の読了後はまた違った感慨に浸ることができました。



分厚さに気圧されて(笑)、本書をお勧めいただきながらなかなか手を出せていなかったのですが、いや本当にすごい作品だと思いました。お勧めいただいた皆さんに感謝です!


○ 姉妹作(?)リンク

『幻夜』(東野圭吾 /集英社文庫)
http://kemochime.at.webry.info/201101/article_9.html



白夜行 (集英社文庫)
集英社
東野 圭吾


Amazonアソシエイト by 白夜行 (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 60

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年12月10日 08:46
kemochimeさん、こんにちは。
kemochimeさんの感想を読んで「白夜行」すごーく読みたくなりました
2010年12月11日 02:20
まるさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

是非ご一読してみてください!本作は私のお気に入りの一冊になりました。
2010年12月11日 03:29
お~!
読まれましたか…白夜行。
私はすでに12回ほど読んでいます。
まさに1年に1回のペースで読み返しているようなものです。
主人公のふたりが、直接同じ場面に登場するのは、一番最後のシーンだけです。
あとは、ふたりが歩んだ19年間が、まわりの人々の視点で淡々と綴られています。
読めば読むほど新しい発見があり、しかし、これほど読後感が最悪な小説を他に知りません。
けれども、またすぐに読み返したくなります。
そして、彼らは1962年生まれであり、私と同級生でもあるのです。
まもなく、映画も公開されます。
2時間程度の時間で、この長編をまとめ切れるわけがありません。
でも、観ちゃうと思います。
2010年12月11日 13:37
かわいさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

既に12回もですか~それでも新しい発見があるというのはスゴい作品ということなのでしょうね。
すぐに読み返したくなるというのはまさにそのとおりです。書いてるそばから読みたくなってきました。

しかしあの内容を2時間でやるんですか?!?!
脚本家の腕の見せ所と言うことでしょうか・・・・・・読者を納得する作品に仕上げるにはものすごい技量が必要そうですね。
2010年12月12日 00:52
こんばんは!
『白夜行』は10ヶ月のイギリス滞在中に何度も何度も読みました。他に読む日本語の小説が少なかったのもあるのですけど、雪穂が何を考えていたのか、筆者は何を伝えたかったと繰り返し読みました。
答えはまだ出ていませんが、人間存在に対する問いだと思っています。
『探偵ガリレオ』でお口直しをされた後は、『白夜行』の続編の『幻夜』もどうぞお召し上がりください。
2010年12月12日 18:21
けいここさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

人間の存在、ですか・・・深いですね。深いです。なるほどです。また読みたくなってきました。

『幻夜』という続編があることは知りませんでした。
是非読みたいですが、まずは積み本を何とかしないと・・・・・・(笑)。

この記事へのトラックバック