『サンタのおばさん』(東野圭吾・作、杉田 比呂美・絵) :感想

 東野圭吾が贈る、クリスマスストーリー。杉田比呂美さんの絵で彩られたハッピークリスマスな絵本です。


 フィンランドのサンタ協会で開かれているサンタクロース会議。
 

 アメリカサンタの後任として連れてこられたのは、何と女性でした。

 
 女性のサンタ候補なんて前代未聞。


 若くて眉が白くないじゃないかとか、ヒゲがないじゃないかとか、女ではダメだという規定はないじゃないかとか、各国サンタの間で侃侃諤諤の議論が繰り広げられます。


 各国サンタは、それぞれのお国柄を反映したコメントをするので、クスリとさせられます。

 
 我らが日本サンタが説明した、サンタは男であるべき理由は・・・・・・父親の権威が失墜しており、子供にとって父親は金を運ぶ道具のような位置づけになっている。これでクリスマスプレゼントも女性からもらえるのであれば、ますます父親の存在理由がなくなってしまうと・・・・・・

 なんて哀しい理由(泣)。

 しかも、各国サンタも同情というか同調というか、否定しないし(笑)。

 頑張れ、ニッポン父!


 さて。

 
 愉快な議論の結果、別に女性だってぜんぜんオッケーだよね!、サンタを規格で縛る必要なし!ってことになり、無事、アメリカサンタの後任としてジェシカが承認されました。


 新サンタとして、ジェシカが初仕事に飛び立ちます。

 
 そして、クリスマスの夜。ジェシカの物語も、クライマックスを迎え・・・・・・
 

 もちろん、ハッピーエンド!


 クリスマスですからね。
 さすがの東野センセもどんでん返しも入れたりせずにストレートにハッピーエンドです!



 Merry X’mas!
 
 皆さんはどんなクリスマスを過ごされましたか?


 


サンタのおばさん
文藝春秋
東野 圭吾


Amazonアソシエイト by サンタのおばさん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2010年12月25日 23:15
静かなクリスマスを過ごしました。サンタさんにはカメラとレンズとMACをお願いしたら、素通りされてしまいました(T_T)
2010年12月25日 23:37
雪が降りすぎて、ホワイトクリスマスを通り過ぎ除雪の一日でしたぁ~(^^♪
2010年12月25日 23:50
関西地方としてはまさかのホワイトクリスマスとなりましたが。
子どもの頃なら飛び上がって喜ぶところなのに、おばさんになった今はただもう寒かったです
日本サンタの言い分、サイテーですね(笑)
ジェシカ、頑張れ!って思っちゃいました♪
2010年12月26日 12:25
こんな東野圭吾もあるんですね。
読んでみたくなりました。クリスマス過ぎちゃいますが。
2010年12月26日 17:08
たかじいさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ずいぶん高いものをサンタさんに・・・・・・さすがに予算オーバーでしょう(笑)。
2010年12月26日 17:10
keikoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

お写真を拝見する限り・・・積雪っていうか、あれは豪雪というか埋まっていると言うか・・・・・・3cmの雪で大騒ぎする東京とはレベルが違いますねえ。
2010年12月26日 17:11
キーブーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

最初はブツブツ言ってた各国サンタたちも、最後はみんなお心からジェシカを応援します!
ハッピーエンドです~。
2010年12月26日 17:13
ななさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

季節モノなので、ご紹介するのであればもっと早い方がよかったのですが・・・・・・正直申しまして、完全に忘れていたのです・・・。
2010年12月26日 22:26
こ、これは我が家の本棚にはない~。
読んで見たい
う~ん、旦那さまに交渉します。
2010年12月27日 21:27
nicomamaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

東野さんがこういうのも出しておられるのは意外なところでした。
2回くらい作者名を見返しましたから(笑)。

この記事へのトラックバック