『ガリレオの苦悩』(東野圭吾) :感想

 本作は、「ガリレオ」こと湯川学が謎を解き明かす5つの短編集です。

 
 私は、『容疑者Xの献身』から東野圭吾シリーズを読み始めたのですが、湯川のカッコよさにシビれていたので、湯川来たっっ!って感じで本作も一気に読み進めてしまいました。


 心配していた(?)ドロドロ感はなく、全体として、切ないストーリーでした。

「落下る(おちる)」「操縦る(あやつる)」「密室る(とじる)」「指標す(しめす)」「攪乱す(みだす)」のうち、私が気に入ったのは第2章の「操縦る(あやつる)」ですね。

 「操縦る(あやつる)」では、トリックが余りに技巧的で、無理やり感があるなあと感じていたのですが、その無理やり感にも意味があったんですよね・・・。


 本作は、全体として犯人を当てる楽しみというよりは、なぜ犯罪に至ってしまったのかの心理描写を楽しむタイプだと思います。

 まあ私の場合は、当てようと思っても当たらないので(笑)、いつも心を真っ白にして読んでいます。



 しかし読んでいて切ないんですよねえ、ほんと切ない。

 タイトルどおり、全体の半分くらいでガリレオは苦悩していると思います。

 ただ恐らくは、「操縦る(あやつる)」で一番苦悩しているのではないかなと。



 ハードカバーなので持ち運びはちょっと大変ですが、各章は独立していて短時間で読める長さとなっていますので、ちょっとした合間に読むのにも適しているのではないでしょうか。
 また、重苦しくはないので、どの時間帯でも読んでOKだと思います。


 短いシリーズばかり読んできましたが、今から本格長編の『白夜行』読もうと思います。




○ リンク : 「ガリレオ」シリーズ

『探偵ガリレオ』(文春文庫)
http://kemochime.at.webry.info/201012/article_8.html

『予知夢』(文春文庫)
http://kemochime.at.webry.info/201101/article_20.html

『容疑者Xの献身』(文春文庫)
http://kemochime.at.webry.info/201011/article_13.html

『ガリレオの苦悩』(東野圭吾 / 文藝春秋)
http://kemochime.at.webry.info/201012/article_2.html

『聖女の救済』(文藝春秋)
http://kemochime.at.webry.info/201012/article_11.html

『真夏の方程式』(文藝春秋)
http://kemochime.at.webry.info/201110/article_26.html

『虚像の道化師 ガリレオ7』(文藝春秋)
http://kemochime.at.webry.info/201211/article_27.html

『禁断の魔術 ガリレオ8』 (文藝春秋)
http://kemochime.at.webry.info/201212/article_18.html





ガリレオの苦悩
文藝春秋
東野 圭吾


Amazonアソシエイト by ガリレオの苦悩 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年12月04日 21:28
気持玉いつもありがとうございます。
正月休みには、ぜひ紹介されてる本を読んでみたいと思ってます。自分的には、推理物が好きかな。♪
2010年12月04日 22:41
keikoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

ミステリですと、最近は、先月から読み始めた東野圭吾氏ばかり読んでいますが、伊坂幸太郎氏にも手を出そうかと考えています。お勧めの推理ものがありましたら是非教えてください!
2010年12月05日 00:02
いつも気持ち玉ありがとうございます。
私も湯川ファンです^^湯川来たっ!という感想、まったくの同感です^^
2010年12月05日 01:11
たかじいさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

たかじいさんも湯川ファンでしたか!!!
TV版ですと福山雅治さんなんですってね。そこまで行くとカッコよすぎですな感もありますが(笑)。

『白夜行』を読み終えたら、ガリレオシリーズに手を出そうと思っています。湯川カモン!
ただ、ブログで「今から」読むと書いていながら、まだ『白夜行』を読み始められていません(笑)。読もう読もうと思って早10日くらい経ってしまいました。お気に入りと紹介もいただいている本なので大事に読みたいのですよね~。
2010年12月05日 17:22
気持ち玉ありがとうございました。
読書家なのですね。
素晴らしい!!
私も、少しは読書して、空っぽブログをなんとかせねばと思いながらもダメなのです。
2010年12月05日 18:21
ハッピーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
読書家なんてたいそうなものではなくて、電車の中で寝ることができないので本を読んでいるだけ、というだけでして・・・・・・。
2010年12月05日 23:40
「容疑者Xの献身」は映画を観ましたが、映画館で泣いてしまいました(^^ゞ
これもおもしろそうですね。文庫になったら購入しようと思います♪
2010年12月07日 00:47
キーブーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

本作は私的にはお勧めです!
私も本作は文庫が出たら買おうと思っています。ガリレオシリーズでは・・・・・・今日は「探偵ガリレオ」を文庫で買ったので、そのうち読もうと思っています。買った本は返却期限がないので図書館の本が優先です(笑)。

この記事へのトラックバック