『零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係』(西尾維新) :感想

今日読んだ図書館の本 : 『零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係』 (西尾維新 / 講談社ノベルス)


本作は、人識くんが好きで好きでしょうがない、匂宮出夢くんとの関係です。


出夢くんの任務(玖渚直殺害)を手伝ってやることになってしまう人識は、
直をガードする直木三銃士の一人と戦って勝利。

もう一人、人識くんが気になる西条玉藻さんも学園を抜け出していつの間にか参戦して、
ゆらーり、ゆらーりと一人撃破。

出夢ははてさて直木のボスに勝てるのか?!

・・・・・というようなストーリー展開なのですが、本作のクライマックスは最後の最後に尽きるでしょう。


人識を愛するがゆえに、人識の大事なものをぶっ壊す出夢。

よく、好きな子には意地悪する子供とかいますが、
あれを超スケールアップすると出夢みたいになっちゃうんですかねえ。
好かれたら殺されちゃいますよ(笑)。

まあ、あれはやり過ぎ。
さすがの人識も怒り絶頂です。

着かず離れずだった2人の関係も、この後は敵対関係として継続することになります。


しかしまあ、人識は人間臭いですね。
変なキャラしか出てこない戯言シリーズですが、いや、変なキャラしか出てこない西尾作品ですが、
零崎一賊はほんと熱くて温かくて人間らしいやつらばかりです。

嫌な零崎って出てきましたっけ?
記憶ないなあ。

この「人間関係シリーズ」を読むと、人識とは、零崎とは、ということがとてもよくわかり、
そして、想像も広がります。


はっきり言って作品としての奥深さはないですが、エンターテインメントとしてはとても面白いと思っています。
私は、奥深さなんて必要ないと思っていますがね。


零崎人識の人間関係シリーズもこれで最後。
個人的には、昨日読んだ無桐伊織との関係を最後にすればよかったかなと思っていますが、
切っても切れない関係の2人を最後に読むのもまあそれはそれでよかったのかなと。


アフターストーリーを書いてほしいなんてのは野暮な願いですが、
2人になっちゃった零崎一賊がどうなっていくのかは気になります。


もう1回、零崎シリーズ読み返そうっと。

それでは、零崎を始めよう。



零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス)
講談社
西尾 維新


Amazonアソシエイト by 零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック