西尾維新のデビュー作・『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』 (講談社文庫)を読み返してみた。

本作は、2002年に第23回メフィスト賞を受賞した、西尾維新氏のデビュー作です。


私は、今年の夏くらいから氏の作品を読み始めました。

確か、電車の中吊り広告で、氏の名前がでっかく出ていたのがきっかけだったように思います。


本作のあらすじをざっくり言いますと・・・

主人公でありながら戯言を言う以外には何の取り柄もない(?)「いーちゃん」が、天才・技術屋の玖渚友とともに滞在する「鴉の濡れ羽島」(※天才が呼び集められてます)で起こった連続首切り殺人事件を解決する話です。

ざっくりすぎ(笑)?


お決まりの密室殺人ですが、それのトリック自体は、「へー」というくらいですが、その裏に隠されたトリックにちょっと興奮しました。
なるほどそう来るか、と。


本作を始めとする「戯言シリーズ」は、好き嫌いが分かれると思いますが・・・・・・
ありえねえだろ、っていう超人的な能力を持った人が出てくるような話が嫌いな方はダメでしょうし、すげえなコイツ(笑)って思う方はハマれる可能性があります。
変な超能力バトルはないですよ。基本的に戦いは肉弾戦です。クビキリサイクルで大した戦いはないですけどね。


私は後者ですが、どちらかというと、戯言シリーズよりも、シリーズの脇役である零崎一賊にスポットを当てた零崎シリーズが好きです。

零崎一賊はどいつもこいつもむちゃくちゃで面白いやつらですよー。


話が逸れました。


西尾氏の作品に出てくる登場人物は、どいつもこいつも言葉遊びあふれた名前というか、ありえない名前ばかりです。
レギュラーでは玖渚友が唯一まともな名前な気がします。


本作品に限らず、言い回しや言葉遣いや言葉遊びが凝っているんですよ。
ニヤリとするときもあれば、くどいと思うときもあります。

最初は、ワープロソフトの変換機能をうまく使ってるだけか?という気もしてましたが、あれだけこだわっていろいろ言葉を使ってるのですから、その執念というか、熱意はすげえなと思います。


文体は全体として、軽妙。軽いという人もいるかもしれません。
くどいところもありますが、そこは軽く読み流せばいいってことで。


本作がダメな方にも、「化物語」シリーズは重い作品に疲れたときに読むにはお勧めです。
どちらかというと「青少年向け」に分類されると思うので、おっさんが図書館に借りにいくのは抵抗がありますが(人気のようで、常に貸出中だとは思いますが)、予約して届いたときは真っ赤な装丁の普通の本だったのでセーフ。


クビキリサイクルというより、西尾氏の話になってしまいました。

文学作品に疲れたときにでも読んでいただくのもよいかなと思います。



クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)
講談社
西尾 維新


Amazonアソシエイト by クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2010年11月27日 20:41
「クビキリサイクル」などの、戯言シリーズは重い内容と軽い内容があるので好き嫌いは分かれますよね。
でも、自分は大好きですよこの作品。

「化物語」は、笑えたり、考えさせられたり…
戯言シリーズとは、また違う重さがあっていいですよね。
2010年11月28日 00:57
来花さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

私も戯言シリーズ大好きです。
ストーリーと言うよりはキャラが好きな感じですね。
人識と人類最強がお気に入りです。

この記事へのトラックバック