『真田太平記 第3巻 上田攻め』(池波正太郎 / 新潮文庫) : 感想

 第3巻、徳川家康が上田攻めを決意するところから始まります。

 
 智謀と猛勇の限りを尽くして戦う真田軍。

 5倍の兵力で攻め込む徳川軍を見事撃退!

 信幸の胆力にはホント驚かされます。
 決死の突撃がカッコよすぎる・・・・・。素晴らしいまでの男っぷりです。

 
 戦後、約束どおり上杉家へ人質として送られる幸村。

 上杉景勝もなんでこんなにカッコいいのか・・・度量ありすぎ。
 幸村は景勝に息子のようにかわいがられることになります。

 
 その後、徳川とも一応の講和が成り立ち、昌幸と信幸は家康と面会します。
 そこで、信幸を気に入ってしまった家康は、自分の養女(本多忠勝の娘)を信幸の嫁にと申し出ます。
 断ることなんてできるわけはない弱小真田家は、昌幸的には苦渋の思いでOKすることに。
 
 兄弟が徳川と豊臣に分かれるのは、ここから始まるのですよね・・・。
 それを思うと何か読んでても辛くなるんですよね。

 
 そのまま上洛した昌幸は、秀吉から、幸村を上杉のもとから大坂に送れという命を受けてしまいます。
 それを断ることなんてできるわけもなく、覚悟をもって春日山の景勝に面会するのですが、その時の景勝の男っぷりもたまらなくカッコいいんです。
 偽りなく自分の重いの全てをさらけ出す昌幸に感じ入り、全ての思いを受け止め、認めてあげちゃうんですから。
 
 男のカッコよさの描写が天才的じゃないですか?池波氏は。褒めすぎ?
 

 3巻で一番やりきれなかったのが、秀吉が北条との戦端を開くために、名胡桃城を北条軍に攻めさせるところですね・・・・・・。
 まさに断腸の思いで、忠臣・鈴木主水を見捨てる昌幸・・・・・・。

 はっきり言ってヒドイ。いくら戦国とは言え。この謀略を知ってて見捨てたわけですから。

 主水は最後まで忠臣。天晴れな男ざまでした。


 小田原を落とし、北条家を滅ぼした秀吉の天下はもう揺るぎません。

 しかし、弟の秀長が死んだあたり、千利休を切腹させたあたりから、秀吉の行いがおかしくなります。
 
 上に立つものは孤独ですからねえ・・・・・・現代でもおかしくもなる人も多いですがね。


 朝鮮出兵のあたりで3巻が終わります。


 この頃になると、信幸と幸村の間に、微妙なすれ違いというか、隙間ができ始めます。

 心は繋がってる兄弟なのに・・・・・・。


 本作に限らず、物語って、最初の明るい頃の方が好きなんですよね・・・・・・だって、大抵だんだん暗くなっていきますから。影がやって来ますから。

 
 結論がわかっているだけに何だか辛いものもありますが、引き続き真田の生き様を見届けます!


【リンク】
『真田太平記 第1巻 天魔の夏』 : 感想
http://kemochime.at.webry.info/201011/article_20.html

『真田太平記 第2巻 秘密』 : 感想
http://kemochime.at.webry.info/201011/article_31.html



真田太平記(三)上田攻め (新潮文庫)
新潮社
池波 正太郎


Amazonアソシエイト by 真田太平記(三)上田攻め (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック