『ドラゴンボール完全版 第17巻』 :感想

今日読んだ図書館の本:
『ドラゴンボール完全版 第17巻 』 鳥山明 ・ 集英社

悟空もやられ、クリリンも動けず、べジータに立ち向かえるのは悟飯のみとなってしまった。
大猿に変身した悟飯に全ての望みを賭けるが・・・
というところで終わった16巻。

17巻は、その激闘に終止符が打たれるところから始まります。

止めを刺そうとするクリリンを止める悟空。
べジータは絶対ぶっ殺してやると捨て台詞を吐きながら去っていきます。
ここからピッコロを超える大ツンデレであるべジータのメインキャラクター化が始まります。

そして、仲間を生き返らせるために向かったナメック星で、ブルマ、クリリン、悟飯が出会ったのは・・・・・・


フ  リ  ー  ザ  様  つ  い  に  出  た  ぁ  ぁ  ぁ  ぁ  ぁ  !  !

みんな大好きフリーザ様。
もちろん、ザーボンさんとドドリアさんもセットです。
悪逆の限りを尽くしてナメック星人を虐殺するフリーザ様一行。

そこに現れるのは・・・・・・
というところで17巻が終わります。

これからフリーザ様の数々の名言にまたであるのかと思うと楽しみです。

何でみんなフリーザには「様」をつけんの??
まあ、私もですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック