戯言シリーズの中の零崎一賊シリーズ

西尾維新の作品は最近読み始めたのですが、
化物語と零崎シリーズ(?)が気に入っています。

零崎シリーズは、本編たる戯言シリーズの中でもそんなに出てこない零崎一賊を主役としたストーリーなのですが、読む前と読後の印象が大違いです。


超おもしれえ。変人ばっか。


読む前は、何だこれ?と思っていたのですが、
戯言シリーズを一通り読んだ後に読んでみるとほんとに面白い。
『戯言』の世界観を補完し、広げてくれました。
正直、本編より好きですね。

零崎一賊関連の作品は、
『零崎双識の人間試験』
『零崎軋識の人間ノック』
『零崎曲識の人間人間』
『零崎人識の人間関係』(全4巻)
となっています。


『人間関係』は図書館でもまだまだ大人気で予約でいっぱいです。


「それでは、零崎を始めよう」
痺れる台詞だっちゃ。

零崎についてはまた改めて述べたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック