『BAMBOO BLADE バンブーブレード』 13巻 :感想

1巻、2巻以降、なんとなく惰性で買っていたものの、1回読んだくらいで読み返すこともなかったバンブーブレード。

最初にタマちゃんが小手抜き片手面打ちをしたシーンくらいまでは、
興奮しつつ読み進めていたのですが、以降はあまり盛り上がらず、
榊ウラが出てきて宿命のライバル対決か?!と思わせつつ、
はっきり言ってたいして面白くない榊の背景事情みたいなものが続き・・・・・・12巻の時点で、もう買うのを止めようかと思っていたところ・・・・・・

1 3 巻 が 熱 す ぎ る っ っ っ ! ! ! !

主人公であるところのタマちゃんはほとんど出ないけど(笑)。
榊ウラが出てきてからのウダウダとした話は全部この戦いのための前振りだったのかと思わせるような熱さでした。たぶん違うんだろうけど。

榊ウラと沢宮エリナの熱い戦いは何度も読み返してしまいました。

タマちゃんですら敵わなかった沢宮エリナ。
その沢宮が剣道引退前(当時は、本名の山田梅子)に絶対に敵わなかった最大の壁・榊ウラの強さって一体・・・
エリナの気迫の一本で遂にウラが本気になる。
何にも捉われることのない奔放なウラの剣に、エリナも押され続ける。
延長戦、なす術もなくウラの剣の前に心が折れそうになる刹那、
エリナもまた剣道の楽しさを思い出す。
無心で最後の一刀を振り下ろす両者。
ウラの面はわずかに外れ、決着がつくのだった。
そして両者は満足の表情を浮かべ共にそのまま倒れこむ・・・
といったところで13巻は終わります。

もう買うのは止めようと思っていましたが、今後の展開に期待する気になりました。
ウラとエリナ(山田梅子)が剣道界に復活し、タマちゃんにも大きな目標ができるのではないでしょうか。
エリナはウラに買って満足して、このまま剣道を止めたりしないよな?
試合を見守っていた短髪のねーちゃん(大学生?)も強いんだろうし、
今後のタマちゃんの成長に期待です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック